アトピーについて

― ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸® ―

「最初怖かったけど、こんなにかゆみが改善するならもっと早くしておけばよかったです」

「久しぶりにあった友だちに、肌綺麗になったねって言われて泣きそうでした」

「皮膚科でも治らなかった顔のアトピーがここまで治るとは思いませんでした」
「肌の赤みがなくなり毎日鏡を見るのが嬉しくなった。自分に自信が持てるようにりました」
「肌がプルプル、スッキリ。毎日の洗顔が楽しくなってきました」
などハリウッドスタイル上田式美容鍼®の体験者様から喜びの声を頂いております。

~ 皮膚科でも改善しにくい症状の一つ、アトピー性皮膚炎 ~

かゆみのある湿疹が身体の各所に現れてしまうアトピー肌
昔に比べて現代はその患者数も増加し現代病のひとつとも言われている症状のひとつです。

その状態は皮脂の分泌量が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱い状態。
皮膚が乾燥しやすいだけならばまた乾燥肌で済みますが、アトピー肌の場合は肌のターンオーバーが早いが故にバリア機能が低下しているため外からの刺激にとても弱くなっています。

アトピー性皮膚炎は、生まれつき持っているアレルギーとの因果関係があると考えられていますが、その本当の原因はいまだ不明とされています。それゆえアトピー性皮膚炎を完治させる治療法は確立されていません。

よくなったかと思えばまた症状が悪化する、ということを繰り替えし、多くの方を悩ませます。
しかし、適切なスキンケアを継続することにより、アトピー性皮膚炎の症状が出ないようにコントロールしていくことは十分に可能です。美容鍼灸もアトピー肌を改善させることができる方法の一つとされています。

~ アトピーはどうしておこるのでしょうか? ~

アトピー性皮膚炎の原因は多くの原因が考えられます

  • ①生まれ持ったアレルギー
  • ②食生活の乱れ 
  • ③遺伝的要因
  • ④ダニやハウスダストなどの環境因子
  • ⑤不規則な生活スタイル
  • ⑥ストレス

大別すると上記が挙げられますが、その本当の原因は解明されていません。

両親がアトピーやアレルギーを持っていたとしてもその子供に必ずアトピーが現れるわけはありませんし、親がアトピー肌でなくともアトピーを発症してしまうケースもあります。ただ、昔に比べてその発症数が増えている要因としては食生活や気密性の増加した住宅環境が挙げられます。また、過剰なストレスによる自律神経の乱れからおこる免疫機構の乱れが大きく関与していると言われます。

~ どうやって予防する?対策する? ~

アトピー性皮膚炎は難治性の疾患であり、完治させるのは困難であるとされています。
しかし、その症状を大きく軽減させることは可能です。

基本的にアトピー性皮膚炎は皮膚科で処方されるステロイドを用いた薬物療法が適用されます。ステロイドを用いればそのかゆみや皮膚の乾燥をある程度抑えることが可能です。ただし、ステロイドはその副作用が現れやすいのもまた事実であり、徐々に効きにくくなる性質もあります。

ステロイドの副作用としては皮膚の菲薄化(皮膚が薄くなる)皮膚表面の免疫能力低下があげられます。
ただ近年ステロイドの効能も上昇してきており、その副作用は適用量さえ守れば現れにくくはなっています。しかし、それは身体の症状の話であり顔への症状にはその副作用がいまだ現れやすい傾向にあります。

そのため、身体のアトピー症状は改善したとしても顔には残りやすいのはその扱いの難しさゆえでもります。

当サロンで行う美容鍼灸では顔と身体を同時に治療することで、極力ステロイドなどの薬物療法を減らすことを目標としています。身体の治療では自律神経を正常化させる経絡治療を行い、アトピー症状そのものを現わせにくくさせていきます。また、症状が残りやすいとされる顔面部にも併せて治療を行うことで肌のターンオーバーを正常化させ、肌の鎮静化を働きかけていきます。

治療の目標は,症状を上手にコントロールし、日常生活に差し支えない状態を維持することです。そのためには、薬で湿疹・かゆみなどの症状をおさえ、日頃のスキンケアをしっかり行い、症状が悪化しそうな原因を取り除いていくことが大切です。

アトピー性皮膚炎は「現代病」とも称され、年々患者数が増えています。繰り返し湿疹やかゆみを感じる場所がある場合は、早めに医師や専門家に相談してみましょう。

■まとめ

アトピー性皮膚炎の症状は?

〇乾燥…かさかさと皮膚の水分が少ない乾燥した状態。
〇鱗屑(りんせつ)…フケのようなかさかさしたものが落ちる。
〇紅斑(こうはん)…赤い腫れ。
〇丘疹(きゅうしん)…ぶつぶつした小さなドームの形の盛り上がり。
〇痂皮(かひ)…掻きむしった後にできるかさぶた。
〇びらん…皮膚の浅い部分がはがれて、じくじくとただれた状態。
〇苔癬化(たいせんか)…掻きむしることをくりかえして、ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態。

アトピー性皮膚炎の原因は? 

○遺伝的因子
○食生活や生活リズムの乱れ
○気密性の高い環境
○心理的な負担、悩み事(ストレス)

どうやってアトピー性皮膚炎を改善させる?

○規則正しい生活環境
〇正しいスキンケア
〇ステロイドによる薬物療法
〇肌ターンオーバーの正常化
〇自律神経、免疫機構の正常化

~ なぜ上田式美容鍼でアトピーが改善するのか? ~

数ある治療法の中から上田式美容鍼が注目される最も大きな理由は、その即効性にあるといえます。

アトピー性皮膚炎の改善には基本的に時間を要すのが一般的ですが上田式美容鍼灸ではその原因となる身体の治療と、最も症状が現れやすい顔面部の施術を同時に行うことでその場でも一定の改善を感じることが可能です(症状の状態により個人差はあります)。

身体には江戸時代から伝わる経絡治療を行い自律神経と免疫の正常化を行います。

そして特徴である顔への施術は安全に真皮層に直接アプローチすることでコラーゲンの生成を早め肌の保水性を高めます。アトピーの原因となる乾燥を改善させることで肌のトラブルを現れにくくしていきます。
また、表情筋の柔軟性をあげることで皮膚へと続く血流を流れやすくし皮膚の栄養状態も向上させます。

アトピーは東洋医学では熱症状として捉えられ、肺と関連深い病証と考えられています。熱を抑える清熱治療、肺の気を補う肺気疎通治療を行うことでもアトピー性皮膚炎を緩和させることが可能です。

現代医学、東洋医学両面から身体と内臓、皮膚、すべての治療を行うことでその場でも効果を実感することが可能となるのです。
その場だけのケアではない、根本からの改善を望まれている方に選ばれているのも美容鍼灸の特徴です。

~ 本当に効果でるの? ~

心配されるお気持ちはわかります。

もちろん個人差はありますが、当サロンはおかげさまで高いリピート率を誇り、多くの患者さんがリピートされているのがひとつの判断材料になれば幸いです。特に今まで試してきた治療法に満足できていない方や、根本から改善されたいという方はぜひお気軽にご相談ください。

考えられる原因や、あなたに合った改善案までをご提案いたします。
典型的な赤い肌も数回の施術で鎮静化も可能です。

 

~ どの程度通えばいいの? ~

一度の施術でも効果は実感していただけますが、一定回数集中してケアしていただいた方が効果も持続性も高まります。集中して通って頂くのは、一般的に7~10回。その後は2週に1回が理想的です。(月1ペースの方もおられます。)

およそ5回目で痒みの鎮静化や皮膚の正常化の維持感を感じ、7~10回目で定着し、効果が定着しやすくなります。たった1回の施術の作用が一生続くということはありません。まずは5回続けてみることをオススメします。5回続けると、イキイキとして、持続感のあるプルプル、スッキリ、潤いのある肌を実感されるでしょう。お友だちやパートナーからも、何か違う、綺麗になったと気付かれたり、まわりから褒められるのもこの頃が多いです。

この期間中の理想的でベストな通い方は週1回です。(ベターな通い方は10日~2週間に1回。その他、ご自身でホームケアをしながら結果を出す月1回ペースの方がおります。)

ベスト(週1回)やベター(月2回)な通い方の場合、1ヶ月半~2ヶ月くらいで維持感を感じてきます。およそ3ヶ月で、肌の正常化、かゆみの感じなくなる方が多いですが、個人差はあります。隠し事は嫌いな為、特に時間の経過したアトピーは時間がかかりやすいというのもお伝えしておきます。

ただし、その後何もしないと、紫外線のダメージや年齢によるコラーゲン量が低下してしまうので、集中ケア後、2週間に1回、忙しい場合は4週に1回程度のお手入れをしていただくことが理想的です。そうするとこで、正常化された綺麗な肌を維持していただくことができるでしょう。
詳しくは、カウンセリング時に丁寧にご説明いたしますのでご安心ください。

~ どんなことをされるの? ~

くわしくはこちらをご参照ください。

c

まずはお気軽にお問い合わせください。

web予約 line
web予約 line